リセのちょっぴり近場散歩 中山 [歴史研究部]

京成線電車が中山駅(千葉県市川市)を出て成田方向に走ると、一瞬なかなか味がありそうな参道を踏切で越えます。

以前からずっと気になって足を運びたいとは思っていたのですが、かえって近場の所のほうが行く機会ってなかなか恵まれないもんですね。

で、たまたま先日近くに行く機会が出たので、寄って見ることにしました。

中山法華経寺 五重塔

参道をあがると山門が見えてきました。

中山法華経寺といいます。(日蓮宗)

 

 

MINOLTA DIGITAL CAMERA

祖師堂正面参道

 

 

MINOLTA DIGITAL CAMERA

祖師堂、1678年築

屋根が凄く特徴的。比翼入母屋形式という形だそうです。

そして表面は杮葺き(こけらぶき)。柿の極薄い板を用いて屋根が葺かれています。

国指定重要文化財(1985指定)

 

中山法華経寺 五重塔

そして祖師堂の横にあるのが五重塔、1622年築

塔の内部は中心に心柱があり、その周囲に四天柱を配した構造。赤い色は弁柄塗り。

国指定重要文化財(1916指定)

 

こんなに文化財ラッシュな空間が近場にあったとは…

まさしく灯台下暗しを地で行くような経験でした。

 

Posted by リセエンヌ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です