リセのちょっぴり近場散歩 つくばみらい [歴史研究部]

幕府の命によってサハリンを探索し、サハリンが大陸と繋がっていない「島」であることを発見した、間宮林蔵。

当時はサハリン周辺は世界地図上の世界最後の未確認地帯であり、ヨーロッパの探検隊もアタックしたが失敗続きに終わった場所でもありました。

その間宮林蔵の功績に比べて、当人の出身地は余り知られていませんが、茨城県つくばみらい市に生家と小さいですが資料館があります。

dsc00016_2

取手市より、小貝川堤防を自転車で上流に向かって、間宮林蔵生家を目指します。とおくに霞む筑波山は見慣れたいつもの風景。

dsc00018_2

途中から川に並行した里道に入り、程なく間宮林蔵生家に到着しました。写真裏手は直ぐに小貝川。

img_4022_2

併設された間宮林蔵記念館。小さな資料館ですが、知っているようで意外と知らない間宮林蔵の歩み…幕府にスカウトされた経緯、伊能忠敬との出会い、幕命による探検・地図作成、探検後の役職 など、解りやすく知ることが出来ます。

img_4023_2

生家全景。県指定史跡。間宮林蔵は1780年(安永9年)生まれになります。建物内には特に当時の残留物はなく、がらんとしていました。

近くに間宮林蔵の墓もあると聞いて、移動しました。同じ集落内にある専称寺

img_4034_2

境内左側に、盛り土状の木立の上の大きな石碑が見られます。

img_4030_2

ここが、間宮林蔵墓所でした。石碑は「伊奈の塋域」という名の顕彰碑で、裏手に小さく林蔵の墓がありました。

では、まだ時間がかなりあるので他も見てみることに。川を背に田圃の中を進むと、結城三百石記念館という資料館があるようです。結城家は鎌倉時代の武将の末裔で、江戸初期に帰農して以来この地域の開発を進めた名家です。

dsc00022_2

着いては見たものの、ん?閉まってる???

dsc00019_2

なんと、資料の防虫のための燻蒸作業中で臨時休館!まぁ、こんなこともありますよねぇ

dsc00020_2

案内を見たところ、豪農の屋敷のたたずまいと言ったところでしょうか。しょうがないので、次の機会としますかね。

さて、さらにここから川を離れた方向に進めば、「ワープステーション江戸」という施設があるようなので行ってみようと考えたのですが…

no_photo

凄く精密な江戸時代の町の再現があるらしいんですが、NHK関連の管理でドラマ撮影優先の施設らしくって、そのせいで何でそうなるのか理由は分かりませんが「全館撮影禁止」なんだとか。

写真撮れなきゃ意味ないじゃないの!と思う私はスルーしたのでした。

というわけで小貝川に戻り、上流に自転車を進めます。

img_4035_2

すると、かなり「低い橋」が見えてきました。

img_4043_2

近づいてみたら、なんと木造!!小目沼橋というそうです。増水時には橋が川に沈んでしまう沈下橋です。だから欄干はありません。

沈下橋って言うと四万十川がやたら有名ですが、こんな近くにもあるんじゃないの!

img_4037_2

自転車で渡ってみました。怖いです。怖すぎです!転倒したら自転車はとにかく、体は川に真っ逆さまですね。

まだまだ、明るかったので行けるところまで行ってみようと、さらに上流へ。常総市水海道の町をぶらり。

dsc00028_2

街角にあった瀬戸物屋さん。この側面のレンガ風格ありすぎ。元から瀬戸物屋なんですかね…この造り。

dsc00029_2

旧報徳銀行水海道支店 大正中後期に建てられたといわれる。

古い町に残るこういう建物を見て回るのが、何気に好きです。

っと見ているうちにもうあっけなく日没。秋は早いです。

dsc00030_2

小貝川の流れに沿って下流に帰ります。帰り際に今日二つ目の沈下橋・川又橋を渡りました。

こちらは小目沼橋と違って近代的な造り。でもやはり欄干は低く膝下ぐらいしかありません。こちらはクルマも通れます。夕方は意外とクルマの通行量があります。

img_4053_2

川又橋からの夕景。脇に寄って撮影なんかしていると、バランス崩して川に”どぼん”となりそうで怖い。

では帰るとしましょう。

Posted by リセエンヌ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です